メニュー

ときわ公園

logo

「世界を旅し、感動する植物館」をコンセプトに、原産地の植生を意識した8つのゾーンに特徴的なシンボルツリーを植栽し、世界を旅するように珍しい植物や花、果実に出会えます。

また、ときわ公園で作出された美しい花を咲かせるオリジナルサボテンでは、他では見ることの出来ない貴重なサボテンです。ほかにも、コチョウランやカトレア、食虫植物なども展示しています。

西畠 清順

監修そら植物園

プラントハンター

西畠 清順 Nishihata Seijun

1980年10月29日生まれ。兵庫県出身。そら植物園株式会社代表取締役。
21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集するプラントハンターとしてのキャリアをスタート。年間250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、貴族や王族などに届けている。
2012年、“ひとの心に植物を植える”活動・そら植物園を設立。
植物に関するさまざまなプロジェクトの依頼を各地で実現し、日本の植物界の革命児として反響を呼んでいる。

館内マップ

館内マップ

世界を旅する、8つのゾーン

熱帯アジア

バニヤンツリー

熱帯アメリカ

パラボラッチョ

アフリカ

バオバブ

南アメリカ

鬼面角(キメンカク)

北中アメリカ

武倫柱(ブリンチュウ)

ヨーロッパ

オリーブ

オセアニア

ボトルツリー

中国・アジア

ハンカチノキ

植物館ブログ

> ブログ一覧

スマトラオオコンニャクを植え替えました!

2019年06月26日

こんにちは。 本日は少し前のブログに登場した熱帯アジアゾーンに展示されている スマトラオオコンニャク(ショクダイオオコンニャク)についての 最新情報をお届けします。 6月10日に大きな大きな茎にも見え...

こんにちは。 本日は少し前のブログに登場した熱帯アジアゾーンに展示されている スマトラオオコンニャク...

→ 続きを読む

> ブログ一覧

鳥のくちばしみたいな植物が・・・

2019年06月23日

皆さん、ヘリコニア・ロストラタという植物をご存知でしょうか? 鳥のくちばしのように見える部分は苞(ほう)という花を守るために葉が変形したもので、 花はこの苞の中に隠れています。 熱帯アメリカゾーンに植...

皆さん、ヘリコニア・ロストラタという植物をご存知でしょうか? 鳥のくちばしのように見える部分は苞(ほ...

→ 続きを読む

> ブログ一覧

パピルスの花が咲いています

2019年06月22日

アフリカゾーンの入口すぐの所にある、パピルスの花が咲いています。 パピルスとは、カヤツリグサ科の多年生植物で、「パピルス草」とも呼ばれています。 茎の切り口は三角形で、背丈は3m~5m位まで伸び、茎...

アフリカゾーンの入口すぐの所にある、パピルスの花が咲いています。 パピルスとは、カヤツリグサ科の多...

→ 続きを読む

> ブログ一覧

シマウマの花!?

2019年06月19日

シマウマと聞いて思い浮かぶのは何でしょうか? 皆さんがまず思い描くのは、白黒の縞模様をした馬ではないでしょうか。 ここ、世界を旅する植物館では違います。 現在アフリカゾーンでは縞馬(シマウマ)の花が咲...

シマウマと聞いて思い浮かぶのは何でしょうか? 皆さんがまず思い描くのは、白黒の縞模様をした馬ではない...

→ 続きを読む

> ブログ一覧

ジョウリョクモミジ

2019年06月19日

植物館中庭 中国・アジアゾーンの奥、タイワンソテツの左隣にあるジョウリョクモミジに近づいてみてください。 この木は「モミジ」と名前がつくとおり、カエデ属の木です。 しかし、私たちが「モミジ」や「カエデ...

植物館中庭 中国・アジアゾーンの奥、タイワンソテツの左隣にあるジョウリョクモミジに近づいてみてくださ...

→ 続きを読む

イベント

お知らせ

世界を旅する植物館入館料

個人一般:300円(18歳以上70歳未満)、70歳以上:200円

団体一般:240円(18歳以上70歳未満)、70歳以上:160円

高校生以下(18歳未満):無料

「植物館年間パスポート」

開館時間/ 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日/火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

「植物館年間パスポート」

18歳以上900円、70歳以上600円
(購入日から1年間有効)

「動物園・植物館共通年間パスポート」

「動物園・植物館共通年間パスポート」

18歳以上2,200円、70歳以上1,250円
(購入日から1年間有効)

チケット売場にて発売!

チケット売場にて発売!