メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
1月26日 飼育員の考えごと。
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 1月26日 飼育員の考えごと。

1月26日 飼育員の考えごと。

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2018年01月26日)

 全国で寒波が来ているようですね。寒い日が続いています。

24日には、ときわ動物園も雪で真っ白になりました。

雪園内.jpg

こんな雪の中、動物たちはどう過ごしているのか。

私の担当エリア・宇部ゾーンの動物たちの雪の日の姿を紹介したいと思います。

雪クロヅル.jpg

まずはクロヅル。ほぼ変わずいつも通りに過ごしています。雪景色が似合いますね。

雪オシドリ.jpg

次はオシドリ。オスがメスにアピールするため、冬羽に生え変わり、今が一番きれいな時期です。(オシドリを見るなら、今ですよ~)

こんな日でも、泳いでいます。さすが冬鳥で水鳥!!(こちらも雪景色が似合いますね)

雪フクロウ.jpg

フクロウ。

雪のかからない屋根の下でじっとして、寒さが過ぎるのを待っています。

雪が反射して、周りがまぶしいのか、

少し落ち着かない様子でした。(今は雪になれたのか、落ち着いて休んでいます(^^))

雪タヌキ.jpg

タヌキ。

冬毛に生え変わり、モコモコな体格ですが、やはり寒いようで、兄弟で仲良くくっついて、巣箱の中で過ごしています。

そして、そんな中でも変わらず元気なのが、

雪アト.jpg

こちら。そう!スノーモンキーこと、ニホンザルたち。

積雪で他のサルたちがなかなか寝室から出ないなか、

ニホンザルたちだけは変わらず、すぐ外に出て、朝の餌を食べています。

(餌を頬袋にほおばっている♂アトと背景に、はしゃぎまわっている♀のあずきがいます)

彼らのたくましさにただ驚くばかりです。(特に冬・・・)

どれだけ、彼らが四季のある日本に適応しているかが、わかりますね。

寒さに適応したもの、雪のかからないところをみつけ、寒さが過ぎるのをまつもの、いろんな過ごし方があるようです。

 そんな姿を観察できるのも、冬だからこそ。

寒いとついつい、外に出るのが嫌になることもありますが、

冬ならではの動物の姿を見に、動物園へ行ってみませんか。

きっと、新たな発見や気づきが見つかるかもしれませんよ(^0^)

寒い日は続きますが、天候は回復してきています。

動物園へ出かけませんか?

皆さんのお越しを日本産動物たちと一緒にお待ちしております。(寒いので、暖かい格好で!)

雪あずき.jpg

さいご、晴れて雪景色を眺めているニホンザルの♀「あずき」

担当 坂口

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube