メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
5月13日 ワイルドに!かと思いきや・・・
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 5月13日 ワイルドに!かと思いきや・・・

5月13日 ワイルドに!かと思いきや・・・

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2018年05月13日)

リスザルは野生下では1日に食べる食べ物の60%以上は肉類(おもに昆虫)を食べています。

1日中昆虫を探し続けていますが、

時には爬虫類や小型の哺乳類、鳥やその卵なども食べるといわれています。

動物園でもそれに近づけるべく、ゆでたまごや鶏肉(鶏頭を茹でたもの)を与えています。

あれ?

でもちょっと待ってください。

動物園ではゆでたまごを与えていますが、

野生下ではもちろん茹でられたたまごなんてありません。

では生卵をどうやって食べているのでしょうか?

実際にリスザルがどうやって生卵を食べるのか見てみましょう!

今回は体の小さいリスザルのためにうずらの卵を用意しました!

私の予想では、

きっと皆生卵を食べたことないから、食べ物と知らずに触らないんだろうな、

とか

食べ物と知ってるけど割れないから投げたり落としたりしてから、

飛び散った中身を食べるんだろうな。

なぁんて思っていました。

でも、全然違ったんです・・・。

IMG_10569.PNG

まず初めに、たまごの先端をかみ砕きます。

はい、私は正直この時点でかなり驚きました。粉々にすると予想していたので。

次に少し吸います。

IMG_10573.PNG

ある程度吸うと、次は上の殻を丁寧にめくります。

IMG_10570.PNG

IMG_10566.PNG

半分ほどまでめくれたら中身をこぼさないように吸っていきます。

IMG_10560.PNG

IMG_10559.PNG

最後は綺麗に殻だけになりました。

ワイルドに食べるかと思いきや、すごく丁寧に、そして一片の無駄なく完食しました。

改めて野生動物の器用さ、賢さに驚かされました。

担当:土屋

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube