メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
8月11日 傷病鳥獣保護レポート
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 8月11日 傷病鳥獣保護レポート

8月11日 傷病鳥獣保護レポート

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2018年08月11日)

ある夜の公園。

昼間は、子どもたちの遊ぶ姿や散歩を楽しむ人たちでにぎやかな公園だが、

夜の森.jpg

夜は嘘のように静かで、そして真っ暗・・・。

街灯も少なく、人もほとんどいない。

時々、風でゆれる樹木の葉のこすれる音がするくらい。

そこに段ボール箱を大事そうに抱えて歩く男性が一人。

暗い公園の中、男は小さな懐中電灯しかもたず、何かを探しているのか、

周りを気にしながら、ゆっくりと歩いている。

男は段ボールの箱をとても大事に扱っていた・・・

その箱は大きく、ちょうど人の首が入るくらいの大きさだろうか・・・

ときどき、その箱はガタガタと音を立てて揺れる。

中から何かが動いているようだ。

箱が動くたび、男はニヤリと笑い、何か声をかけているようだ・・・。

急に男は歩くのをやめた、男の前には公園の中の大きな木が並ぶ林があった。

そして、男は箱をそっと地面におき、箱を開けた・・・。

その箱の中には、

フクロウ箱.jpg

ん??フクロウ??

そうです。こちらは傷病鳥獣保護で保護されてきたホンドフクロウです。

体力も無事に回復した為、夜行性の習性にあわせて、

夜に放鳥しました。

夜行性の鳥なため放鳥のときに、目に刺激を与えないように、最低限の明るさで放鳥場所まで行き、

振動などで驚かさないように慎重に運びました。

フクロウ外.jpg

ゆっくりとですが、箱からフクロウは出てきて、

フクロウ放鳥.jpg

最後は高い木の上へ飛んで行きました。

そこなら天敵にも襲われないから大丈夫。

元気で!!

というふうに傷病鳥獣保護の放鳥を今回紹介しました。

フクロウのような大きな鳥が保護されてくるときは、

大怪我をしていたり、衰弱がひどく、すでに手遅れだったりするケースが多いのですが、

今回は無事に放鳥することができ、ほっと一安心。

せっかく夜に放鳥したし、季節は夏だから、ちょっとだけホラー風に

文章をかいてみました。放鳥した時に、ブログのネタにしようと企んでました。

失礼しました(汗)

しかし、フクロウを放鳥した後、バチがあたりました。

帰りの夜の公園・・・フクロウを放鳥した安心感から気が抜けていたところ

後ろから、

ガサガサと音が・・・

振り向いても誰もいない・・・

歩き始めたら、また

ガサガサ・・・

次第に音が近づいてくる・・・

えっ、何!?

って音のするほうを見たら・・・

「ニャー!!!」

「ぎゃああああ!!!・・・って猫かい!!」

とてもかわいい猫がしげみから飛び出してきました。

餌が欲しかったのでしょうか。

ホントにびっくりしました。あー怖かった・・・。

みなさん、暗い夜の公園や林の中ではふざけないように・・・。

傷病鳥獣保護 担当 坂口

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube