メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
12月11日 飼育員の考えごと。
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 12月11日 飼育員の考えごと。

12月11日 飼育員の考えごと。

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2016年12月11日)

 早いもので、もう12月ですね。

私がここ、ときわ動物園に搬入(採用)されて、ちょうど1年がたちました。いやー1年は早い・・。

担当になったのは、ニホンザルやタヌキなどの日本の動物たち・・

彼らは、季節に応じて、体や行動が変化しますので、動物をとおして、季節を感じることができます。

こちらは、夏タヌキ

夏狸2頭.jpg

ほっそりしてますね。右が♂マユゲ、左が♂カズヤです。

冬の彼らがこちら。

冬マユゲ.jpg

冬タヌキ・マユゲ

冬カズ・熊.jpg

冬タヌキ・カズヤ

どうです?立派な体格に変化したと思いませんか。

この時期、彼らタヌキたちは、冬に備えて、体毛は冬毛に生え変わり、皮下脂肪を蓄えるため、体格の肉付きがよくなります。

夏タヌキと比べると、とても同じタヌキとは思えないくらいの変化です。

秋くらいになり始め、食欲がふえ、それに合わせて、飼育ケアをします。しかし、ここで、悩みます・・。

ただ量を増やすだけでいいのか、餌のバランスを変えたほうがいいのか?

食性が雑食性のタヌキ・・なら、この時期は増やすのは、動物質の餌?植物質の餌?

いろいろと考えながら、やってみましたが、無事?肉付きのよい体格に変化してくれました。

冬カズ.jpg

カズヤ:あれ?夏は通れたのに、腹がひっかかるぞ?(このあと、ちゃんと通れました・・。)

マユゲごっつあんです。.jpg

マユゲ:ごっつあんです。ペロ!

そんな2頭の声が聞こえてきそう・・と妄想する飼育員(実は私も最近、腹に肉が・・)

皆さんがイメージするタヌキって、こんな感じですよね。

フサフサな冬毛と肉付きのよい体格で、コロコロしたタヌキ。今が見頃です!!

ほっと一安心・・。しかし、これからもっと寒くなります。

タヌキが体調を崩さないように、これからも気を付けなくてはいけません。真冬も秋と同じ餌のメニューでいいのだろうか!?

餌以外でなく、寝床や隠れ家はこのままでいいのか?巣材はいる??

悩みはつきません。。飼育員の考えごとは続きます。

来年もいろいろと教えてね。カズヤ・マユゲ(^0^)

担当 坂口

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube