メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
12月7日 飼育員の考えごと(感謝な気持ち^^)
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 12月7日 飼育員の考えごと(感謝な気持ち^^)

12月7日 飼育員の考えごと(感謝な気持ち^^)

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2018年12月07日)

 今年も残すところ、あとわずかですね。

今年の冬は暖冬といいますが、急に寒くなったり...

皆さん、風邪などひいておられませんか?

体調管理が難しいですよね。

(私は一度風邪をひいてしまいました(T-T))

こういう気温差は、私たちだけでなく、動物たちにも応えます。

動物たちが体調を崩さないように、飼育員たちは動物の健康管理に奮闘中です。

そんな中、今年も嬉しいプレゼントが!

アト.jpg

分かりにくい写真ですみません。

今年もお客様から、ドングリの差し入れをたくさんいただきました。

ありがとうございます。

(写真は左から、♀あずき・♂アト・♀ダイ3です)

ニホンザルをはじめとする日本の野生動物たちは、秋になると、

ドングリや栗など脂質の高いものを好んで食べることで、冬に備えて皮下脂肪や体力をつけます。

今年も皆さまから頂いたドングリを使い、

秋にしっかり食べさせたため、ニホンザルたちはみんな元気です(^^)

サブ.jpg

写真からも分かるように喜んで、たくさん食べています。

(写真は♂サブです)

しかし、気をつけないといけないのが、脂質の高いドングリ...

野生では動物たちにとって重要なエネルギー源になりますが、

運動量の少ない飼育下の動物では、その脂質の高さから食べ過ぎると、お腹をくだしたり、肥満につながることがあります。

そのため、もし園内でドングリを拾っても、

お客様が動物たちに与えるのはご遠慮ください。

今回の頂いたドングリも、その日の動物の体調や天候、他の餌の量などと考慮しながら、

与える量を決めて、使わせていただきました。

プレゼントしてくださったお客様は、動物に直接ではなく、

私たち職員に、

「これを動物たちに食べさせてあげてください」

と渡してくれたので、本当に感謝です。

毎年、ありがとうございますm(_ _)m

さて、ニホンザルのほかにもう1種、このドングリを食べた動物を紹介します。

冬になると雰囲気が変わるあの動物・・・

カズヤ.jpg

そう!タヌキです。

ニホンザル同様、四季のある日本に住むため、秋はたくさん食べて、冬の仕度をします。

夏タヌキ.jpg

夏のこの姿が・・・

冬タヌキ.jpg

冬はこうなります。

すごい変化です。

日本の自然環境に適応した結果なんですね。

とても同一人物いや、同一狸とは思えないです。

(写真は全部♂カズヤという個体です)

これからもっと寒くなって、外出しづらくなりますが、冬ならではの動物たちの姿があります。

冬の動物園に来てみませんか?

新入りのクロツラヘラサギ

換羽が終わってモコモコなフクロウ

冬羽に生えかわりキレイな♂のオシドリ

ふわもこで貫禄のあるタヌキ

寒くても元気なニホンザル。

山口・宇部ゾーンには、冬だからこそ観察できる動物の姿がいっぱい。

ぜひ、冬の動物園にもお越しください。

皆様のご来園、お待ちしております。

担当 坂口

← 前の記事へ

  • facebook
  • YouTube