メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
4月21日 においとう〇ち
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 4月21日 においとう〇ち

4月21日 においとう〇ち

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2018年04月22日)

とつぜんですが、写真はなにをしているかわかりますか?

におい1

なにかを匂っているところですねぇ。横にはササのようなものもありますが・・・
わかりますか?

実はこれ、ジャイアントパンダの糞をにおってみているところです。
におい2

じゃーん!うんちですが、アップにしてみました。
このうんち、実は和歌山県のアドベンチャーワールドさんのご協力により飼育しているジャイアントパンダのうんちを特別にご提供いただきました!本物です!

4月7日に体験学習館で「においの不思議を体験しよう」と題したワークショップを行いました。そのときの様子です。
山口大学の松井先生の植物のにおいのお話、カイコレース、当園の宮下園長の動物の嗅覚のお話などがありました。

他にもコアラの糞も。こちらは、大阪市の天王寺動物園にご協力いただきました。

におい3

こちらがコアラのうんち。

このブログの画面からはにおいが伝わらなく、てとても残念なのですが、みなさんご存知の通りパンダはササ、コアラはユーカリを食べる動物ですね。
うんちはどんなにおいがするのでしょう???ということで匂ってもらいました。
におい4

生のユーカリの葉とにおいを比べてみたり、よーく観察してみたり。
コアラはわかりにくいですが、パンダの糞はササがそのまま入っているようですね。
1つしかなかったのでパンダの糞をバラバラにはできなかったのですが、糞のなかみやにおいから食べものなどを想像してもらいました。

感想は・・・「思ったよりくさくなかった」「ササのにおいはわかりにくいけど、見えるからよくわかる」などなど。

山口大学の松井先生のお話とワークショップでは、カイコの幼虫のレースやにおいだまをつくったりと楽しいワークショップ。
におい5

これは、カイコの幼虫がチョコレート、クワ、クスのどれに行くでしょう?というカイコレース。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、カイコの幼虫はクワの葉しか食べません。体の向きを変えて、一生懸命クワの葉までたどり着きます。
松井先生は「カイコはにおいのスペシャリスト!」と言っておられました。

におい6

「におい」に関するワークショップ、私たちの身近な食べ物や飲み物のにおい、私たちのうんちはどうしてくさいのか?鳥類はにおいを感じるのか?などなど・・・
このブログで答えをぜんぶ書いてしまうと面白くありませんので、様子のご紹介にしますが、パンダ、コアラの糞はこれから標本にしますので、様々なワークショップにも使用していきます。

今回のワークショップでは、山口大学の松井先生と学生さん、アドベンチャーワールドさん、天王寺動物園さんなどたくさんのご協力をいただきました。
たくさんの楽しい学べるワークショップができるよう、色々なところと連携しながら、私たち教育普及担当も勉強の日々です。

担当:むらた

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube