メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
6月8日 浦島太郎のきもち
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 6月8日 浦島太郎のきもち

6月8日 浦島太郎のきもち

(カテゴリ:獣医師の雑談) (投稿日:2017年06月08日)

こんにちは!ひっさびさの獣医師です!!

のっぴきならない事情により昨年1月からお休みをいただいていたのですが、

この4月から復帰を果たしました。

(もう6月ですが)

全面オープン前からの休暇だったので、

その後に搬入や繁殖で仲間入りした動物たちは

ほぼ今回が「はじめまして」です。

のみならず、「久しぶり」の動物たちであってさえ個体識別に苦労することがあります。

CIMG0731.JPG

中南米の水辺ゾーン、カピバラベイビーズは

顔の判別が全くつかない(ひっくり返して押し込まないと雌雄の判別もつかない)

CIMG0737.JPG

同ゾーンのフサオマキザルたちは

アダルト&キッズ入り乱れてよく動くため、個体数確認すら危うい

CIMG0644.JPG

キミは誰だっけ!?(正解は2015年生まれのレディのこども。

飼育場所が変わって&成長しすぎてわからなかったです)

CIMG0656.JPG

山口宇部の自然ゾーン、タヌキのマユゲ(♂)

CIMG0697.JPG

キミの名前は平仮名で表記したくなるねえ(^^)

(ケガで入院中のため現在はご覧いただけません)

CIMG0754.JPG

「タックでヤンス~」

(前歯が出っぱなしなので...なんとなく...)



また園内の通行にも一苦労です。

お客様用園路はギリギリ頭に入っているものの

スタッフが使う管理通路、さらには非正規通路のけもの道まで含めると

どこがどうやら...まるで迷路の様相を呈します。

「ワオキツネザルの怪我を見に来てください」という無線が入って

診療所から出発したはいいけど、近道しようとしても却ってぐるぐる回り道をしてしまう...

「リスザルのナルトの近況を説明しますよ~」と言われて見に行く約束をしたものの、

間違えてはるばる中南米ゾーンまで行ってしまう始末...

(ナルトは体調管理の都合から現在第二繁殖棟にいます)

こりゃリハビリが必要そうです。

当面は双眼鏡と地図を持って歩くことにいたしましょう。

(もう6月ですが)


そして、復帰後何より感動したのは、

CIMG0698.JPG

新しくなった診療施設!!

狭すぎず広すぎず、とっても使いやすい!

CIMG0699.JPGCIMG0701.JPG

入院室も保護鳥獣の部屋もすぐ傍にあるので、要注意な動物の様子を見に行きやすい!

そして窓の外にはなんと...

CIMG0703.JPG

CIMG0706.JPG

CIMG0705.JPG

ま さ え ガ ー デ ン !!

建築スタッフの皆様の丁寧なお仕事、そして心憎いご配慮に感謝感激であります。

現在ガーデンには園長が植えたガザニアが咲き誇っております。

わたしもそのうちなにか能天気な花を植えて(撒いて)楽しもうと思います。


担当:まさえ(田丸)

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube