メニュー

ときわ公園

logo

ときわ動物園

ときわ動物園
2月6日 おしり!
HOME > ときわ動物園 > 飼育員ブログ > 2月6日 おしり!

2月6日 おしり!

(カテゴリ:飼育日記) (投稿日:2016年02月06日)

こんにちは!

タイトルでお察しの通り、今回はお尻にまつわるお話です!

 

とある本に、『チンパンジーにはお尻の割れ目がない』と書いてありました。

...あれ?

そもそも私たちヒトは、なぜお尻が割れているんだ!?

 

調べてみたところ、

・肛門を覆い隠し、守っている説

・足を動かす筋肉が発達し、たまたま割れ目が出来た説

などがありました。

 

ときわ動物園のおサルたちはというと、

ニホンザルは...

IMG_4553

「尻こぶ」がお尻の両側にあり、お尻が割れてはいませんでした。

写真では見えませんが、尾で隠れる位置に肛門があります。

これまた調べてみましたところ、尾のある動物は尾で肛門を守っていると言われているそうです。

 

クロザルは...

IMG_4549

ピンク色の尻だこの間に、肛門が丸見えの位置にあります。

お尻が「割れている」というより「分かれている」ようですね。

座る時は、尻だこがクッション代わりになって、肛門を守る仕組みのようです。

 

ほうほう...。

どのサルも、肛門を守る形状のお尻をしています。

急所を守るため、このような形に進化したんでしょうね~。

 

今日一日、いろんな動物のお尻を追いかけていたので、なんだか動物たちからは「怪しい奴」というレッテルを貼られちゃった気がします。

違うんだよ、勉強と好奇心だよ...。

 

ちなみに、シロテテナガザルは...

IMG_4334

「今、見せる気分じゃないし。」

...ぜひ、来園された際にご確認ください!(笑)

 

お尻だけじゃなく、体の隅々まで見てみても、新たな発見ができるかもしれませんよ~!(^o^)

 

川本

 

 

 

← 前の記事へ  次の記事へ →

  • facebook
  • YouTube